鏡1枚では自身を客観的に見れないので撮影したものを見るべき

鏡1枚に映った自分は意外にもよく見えてしまう

我が家には日常的に使用する鏡が2つあります。

1つは洗面台に設置してあり。もう1つは姿見(全身鏡)移動できるタイプです。

姿見は一人暮らしをするようになってから割と早い段階で購入しました。

洋服の合わせには姿見は必須アイテム。全身鏡をもっていないからと言って夜に部屋の電気をつけて窓に映った自分を見るのもいいですが、外の人からはファッションショーが丸見えです。

安価なものでもいいですので姿見を購入べき。

しかし、気を付けることがあります。

そうです。鏡に映った自分の姿は実際よりも良く見えてしまうんです。

理由は大きく2つ

鏡に映った自分が実際よりも良く見える理由
  • 鏡に映った姿は実際の自分と左右が逆。鏡をよく見る人は心理学でいうところの単純接触効果(特定の対象に多く接すると好意的な態度が形成される)
  • 洗面台などでは正面からの光の効果で肌のしわが見えにくくなる。

これを理解していないと女装メイクや女装服装がうまくいっているんだと勘違いする可能性が大きい。

最終的な容姿チェックは合わせ鏡を行うかスマホで撮影するなどをして左右を反転を改善した状態の自分を見ることです。

特に後ろ斜めからの全体写真や顔の感じは普段目にしない箇所ですので予想以上に違います。

自分自身を360度撮影してみると思った以上にイケてない気がしますが・・・他人から見ればそのように見えているのですから驚かされます。

女装外出デビューをしようとしている人は写真や動画による最終確認を怠ってはいけません。完パスなんてかなりハードルが高いですよ。

男性の特徴である肩幅や顔の大きさウエストのくびれ位置の低さなどを考慮した服装やウィッグを取り入れたり短時間であればコルセットの使用もありでしょう。

残念なことを言えば顔が大きい男性は完パスはほぼ無理です。相対的に体は華奢に見えますが、顔の大きさだけで男性だとバレます。

ヨロシク!
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人