ユニセックスビキニパンツのあるある失敗例

ユニセックスビキニだがユニセックスにあらず

ビキニパンツを好んで穿いているメンズには4通りの人種がある。

  1. フェミニン系(女性らしい系)
  2. マッチョ系
  3. 機能を求める系
  4. 変り者系

とりわけ1番のフェミニン系のメンズに関しては、やや女装系に足を踏み入れているか既に、はまっている人も多い。

ネットでユニセックスビキニを検索してポチっと購入、商品到着が到着して穿いてみると・・・。

どういう事だ、ナニの部分の生地が浮いて収まっていない・・・。

そうです、ユニセックス商品でも女性寄りで開発してある場合は当然そのようになります。
単に、レディースショーツを無理やりユニセックス商品だと宣伝し販売しているサイトも数多くあります。

私が購入したユニセックスビキニの中でも比較的収まりが良かったのは、これです。
amazonでsingwear ビキニ購入  

まあ、サイドのラインが太いのでプロレスのパンツ感がハンパないですけど(笑)

レディースが穿いている物を自分も身に着けたいと思っている人は、もはやレディースショーツを購入したほうが良い。(ユニセックス商品はマニア向けの過激なデザインが多いので。)

ビキニマニアの変態的進化系

ナニの部分の生地が浮いている、または尻の部分の生地が異常に小さく常に位置修正が必要な事がむしろ快感だというエクセントリックな方には中途半端なユニセックスビキニは不要だろう。

さらにホワイト系のデニムやチノパンを穿いてビキニの色やラインを意図的に見せメンズは、強者と言ってもいい。

私は強者レベルではないのでね・・・それは無理。

レディースショーツ購入の場合は単純に自分のヒップサイズを測って商品を選べばいいので簡単だ。(メンズのビキニパンツのウエスト表示にはホントに困るよね、ウエストだけが極端に細く尻が大きいメンズはどのサイズがいいのか分からない。結果的に2サイズ購入する事にもなる。)

ホントにビキニに関してはメンズもヒップサイズ表示にして欲しいなー。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人