レッドウイングのベックマンを購入したらブルジョア気分になれるか?

ベックマン・・・ レッドウイングの創業者 チャールズ・H・ベックマンの事。
クラシックスタイルのブーツは落ち着いた年齢層の中高年にぴったりハマるデザイン。

目次

誰が言い始めたのか分からんが「オシャレは足元から」は正解

普段履きのスニーカーで不自由している訳ではないが、何となくワークブーツが欲しくなった。靴箱の中には数年前に購入したFRYEもまだ履けるがね・・・。最近は殆ど履いてない。

年齢相応の渋めのブーツを履いてみたくなったということもあり値段は張るが幅広い年齢層に支持されているレッドウイングのワークブーツ ックマン9411(ブラックチェリー)を購入した。

税込みで5万円もしたので正直、私には分不相応な靴かとも感じたが丁寧に扱えば10年以上も使えるしリペアも有料だが安心のサポートがあるので思い切って購入しました。

今までの自分の感性にスパイスが加わればいいですなー。

やっぱり初対面の人と会う時は体の端の部分を見てしまうもんねー。
最初は顔を見るのは当然だが。次はどうしてもヘアスタイルや靴や時計等に目がいってしまう。女性が男性を値踏みするときは間違いなく見られているはず。(ギャー)

靴がもたらす効果とは

足長(高身長)に見える

男でハイヒールを履いている人はなかなか見かけないだろう。
シークレットシューズなら10cm程かさ上げできるが、芸能人でないのならそこまで気にする必要もなかろう。(普通の靴でも裸足時よりは2cm程は普通に高くなる)

クラシックな作り

歩き方が違ってくる

靴の形状や使用している素材の固さ柔らかさ等から足首から指にかけての可動域に違いがでてくる。ブーツ系は重く疲れやすいため長距離の歩行には向いていないレーシングライダーブーツ等は本当にバイク乗りの為の機能に特化しているので何となくカッコイイのでという理由では購入すると後悔する。

スクランブル発進ができる ( ヤマハ jog )

軽さにこだわるのであれば、カンフーシューズ系統がいい。私も若かりし頃は愛用してました。夜にコンビニに出掛ける時などはさっと履いてスクーター(ヤマハjog)にまたがりgo!青春時代を思い出します。(小僧か!)

履き心地を優先するかデザインを優先するか

足が変形しても良いくらいの気構えで靴を選べばデザインの選択肢多くなる。

ハイヒールを履くと体重が足指の方に集中する。
4cmのヒールでの通常の1.5倍 9cmのヒールで3倍 の力が加わる上に先が細い靴を履いていると外反母趾になりやすい。女性なら素敵なデザインのシューズを履いてみたいという思いもあるでしょうが健康に気を付けるのなら外反母趾は避けたいところ。

結局はファッション性も大事

靴は足の先(体の底部)を装飾する物でもあるのでファッションの重要アイテムの1つ。
色や形もさることながらジャストサイズを選ぶか1~2サイズ大き目を選ぶのかでさえ見栄えがかなり違ってくる。特にハイカットシューズ系は意図的に大きいサイズを履いている人も多い。

スッキリ系かスポーツ系か綺麗め系かワイルド系か自分のファッションコンセプトを決める要素の一つ。

ベックマン購入にあたっての注意点

色や形も大切だが一番間違っていけないのはサイズ

シューズ選びで最も大切といっても過言ではないサイズ。
サイズの確認が甘いと失敗したときの絶望感が半端ではない。

レッドウイングのワークブーツなんて初めて購入するのだから自宅から用の靴下春用の靴下を持参して慎重に履き比べました。(はっきり言って靴下の生地の厚さの違いでかなり違ってくる)

靴ヒモの重要性

試し履きを行う際に重要な事!

靴ヒモで全く違った靴に見えてしまう
  • 靴ヒモを結ぶ強さに気をつける(足先、足の甲中央、足首に近い場所)
  • 靴ヒモの結び方も数種類あり脱着のしやすさにも関係してくる。

靴ひもを強く結ぶとハトメ(穴)の位置が近くなり紳士的に見える。
靴ひもを弱く結ぶとハトメの位置が離れてワイルドに見える。

同じ靴でも違った印象になるので自分好みのハトメの間隔を意識しながら試し履きをすると良い。

中途半端な靴合わせをしないよう必ずかかとの方にぴったりとつける事。(かかとの方をトントンして)

B級品かもしれないので、確認する。

FACTORY SECONDS(B級品)の場合はタンの隠れた所にパンチで穴が開けられており差別化がされています。製造過程でどこかに商品の粗があるだけ(例えばソール部分の縫い付けの一部が綺麗じゃない等)なので気にしない人は気にしないんでしょうが私は気になる。

ソールの加水分解に気を付ける

長年しまっていた靴を久ぶりに履こうと思って箱から出すと「なんじゃこりゃっ」靴のソール部分がボロボロになっているではないかとならないように湿気を避ける。ソールが加水分解しているやんけー。

加水分解・・・ウレタンゴム(エステル系)内にある成分が水と結合してボロボロになる事。

リペア代金1万~2万程かかりますので驚きよりも絶望感がくるだろう。

ベックマンなら9011よりも9411

9011と9411の違い
  • 9011・・・ソールの素材がウレタン(メキシコのソールメーカーで製造)
  • 9411・・・vibramのラバーソール

靴自体カビも発生するかもしれないのでソールの加水分解だけを気にするのも変ですが・・・。

vibram(イタリアの人気ソール製造メーカー)のロゴがはっきりと確認できる。

結果を言えば上品で高級な靴を履いていると足の運び方でさえも違ってくるんじゃないかと思えるくらいに感覚が違う。気分の問題でしょうが購入して後悔はないです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる