adidasのビキニという方向性は健康的な気がする

アディダス ビキニ

スポーツ系の下着を堪能する

最近はビキニパンツを購入しなくなってきた。飽きたのかと思いつつネットで商品検索をしているとアディダスのビキニパンツが目にとまった。

スポーツ系も悪くはない、そういえばアディダスナイキの下着は一枚も持っていないなー。

ネットで購入してもいいのだが私が不在の時に商品が自宅に到着した場合に、妻が受け取ることになる。配送伝票にレディース下着などという書かなくてもいいような記載がしてあると またもや白目チョップ状態になるので今回は店舗購入することにした。(まあ、ネット購入でもレディースとの記載をしないようにメールで依頼すればいいのでしょうが・・・。)

レディース下着を店舗購入する際にはある程度の度胸がいりますし 後々ご近所の噂のネタにならない為にも自宅から10km程離れた店舗での購入をおすすめします。(一人暮らしの場合はどうでもいいでしょうが、家族が同居している場合は噂話の被害者になりかねませんからね・・・。)

アディダスなどのブランドの下着は店に置いていない場合もあるので遠方であれば電話で問い合わせたほうが確実です。

お尋ねですが、アディダスの下着って置いてありますか?

男性用でしょうか?

いや、女性用です。

数点ですが ございます。

このような電話が出来るだけでも強者でしょう。店員からすれば変態の来店予告ほど恐ろしいものはないでしょう。
クリスマスシーズンであればプレゼント用でラッピングするという風なカモフラージュも可能ですが私の場合は不要です。

初心者は雑貨屋でラッピングしてもらうといかにもプレゼント目的のような感じにはなるのでメンタル面を考慮される人は手段を考えたほうがいいです。

いざ店舗に出陣!

10km程離れた大型ショッピングセンターに行くのは、いささか手間ではあるが隠匿性を保持するためには重要。

到着して下着コーナーに行くと「広い!広すぎる!」

女性下着コーナーとは言え色々なブランドが入っておりピンポイントでアディダスの下着を見つけるのには多少の時間が必要。

男一人で女性下着コーナーをウロウロしているだけでも目立ってしまう、下着コーナーを大きく一周するように通路を歩き横眼で観察しながらある程度の見当をつけて入っていくのだよ・・・。まるでアポロ11号の月面着陸のようにね・・・・。

アディダスのMサイズを手に取りクイックチェックを行う。

購入時のクイックチェック ポイント
  • 事前に予算を考えておく。予算に応じて1枚購入か2種類購入かの判断を行う。(割引セールの場合は予想に反してプラス1枚購入できることもある。)
  • ビキニショーツの場合、股間の一番狭い場所が自分の指3本(人差し指、中指、薬指確)をそろえた幅よりも広いのか素早く指を当てて確認する。これをクリアしないと〇○○がはみ出る可能性あり。
  • 生地を確認する。ストレッチ性があるのか軽く引っ張って確認する。(はみ出しリスク回避の確認の為、まったく伸びないと上記をクリアしていても、ほぼはみ出る)

商品を選定している間に1組のカップルが目の前を通過して行った。

アディダスの商品は陳列ハンガーラックの下の方にあったので、私はしゃがむような体制で選んでいたわけだが・・。
まるで夜の公園のツツジの陰に潜む変質者が何かを狙っているような展開のように思えて我ながら げんなりしました。

コロナ渦で外出時のマスク着用は日常化しているのである程度の顔バレは防げます。黒いマスクならもはや忍者だ・・・。

アディダス スタンダードショーツ 69AP1070

色はブラックを購入したのはスポーツ感を出すためと少しでも男っぽさをねらったのですが。ふちのホワイトラインを見るとレディースであることは直ぐに分かってしまいます。69AP1070  1,056円(税込)

アディダス ビキニ
アディダス ビキニ

同じ系統の商品で69A1670 が置いてあればそちらを購入したのですが ありませんでしたのでしかたない・・・。

着用感は

一言で言えば当たりです。ウエスト70cm 身長168cmの私にはMサイズで丁度良くはみ出しもなかったです。クロッチ部分は黒いので目立たずよいです。(白い生地が当ててあると今回 購入していないでしょう)

アディダス ビキニ

ブラックであれば透ける事はないですが思っているよりも生地が薄いので薄めの色はお勧めしません。

正直なところ、ふちのホワイトラインをブラックにする等 もう少しデザインを男性よりにすると メンズの購入需要もふえそうですが。

アディダスのメンズブリーフってのはありますが、所詮はブリーフなのでフロント部分はダボついているし大きすぎるし恰好悪いし高価だし・・・。はなっから購入する気にならないですもんね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人