正直言ってビキニパンツ穿きたいならまずG-stationを買いなさいという理由

ビキニパンツの製品の完成度

アジアンクローゼットのブランドの中でもG-stationシリーズは価格帯もリーズナブル。初めての人にもお勧めだ。

1000円前後の価格でもデザイン、カラーバリエーションも多くて選び放題。選択しても生地がヨレる事もなく結構なヘビロテにも耐えられるだけの品質を保っている。

個人的な総合ランキングではG-1947xsj が今現在1位。

G-1947xsj 薄手モーダルスポーティライン ビキニ
  • サイトを見てみると平置き画像ではパッとしないが穿いてみると恰好いいです。
  • フロントハーフシーム
  • 素材・・・モーダル95% スパンデックス5% (厚くもなく薄くもないオールシーズンいけます)
  • デザイン・・・ダブルラインの位置が絶妙に良く恰好いいが、タグの場所は中央ではなく左側に寄せるか むしろ無くても良い。(メンズ感を前面に出すのであれば今のままの中央位置、レディース感を含ませるのであれば無くすか小さく表示して左側に寄せるほうが良い。タグの有無や大きさ場所で雰囲気が全く違ってきますね。)個人的にはウエストゴムの位置にG-stationと大きく入っている商品は真っ先に却下してます。10代や20代前半のボーイズにはウケがいいのかもしれませんが、私がオヤジなだけなのかもしれません。

メンズのビキニパンツもヒップサイズ表示にして欲しい

サイズ選びは本当に重要。普段の服のサイズでさえSサイズとMサイズの中間にある私だが、ビキニパンツの場合は さらに困難になる。何故ならウエストの割にヒップが大きいからだ。ウエスト70cmでヒップ90cmで全体的にお尻が大き目なんですよねー。やや女性化しているのかもしれない。レディースショーツの様ヒップサイズ表示にしてもらえれば一発でベストサイズが分かるのですが色々と簡単にはいかないメーカーの事情があるのでしょうね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人