チャーシュー弁当と大砲ラーメンの融合技発動させた

安直な思考でやってみるのも一興

久しぶりにミニストップに立ち寄りました。

普段の生活圏内ではセブンかローソンかファミマが近いんですけど・・・。

車で店を色々と回っていたらお腹~が減ってきてー・・・。ふと信号待ちで左側を見るとミニストップが・・・。

それで店の名前がミニストップなんだ!(んなわけないか。)

ハンドルを左に切って駐車し夕飯探索の旅へ・・。(なんて狭い探索なんだ・・・)

「売れてます!」表示にまんまと乗ってしまった

売れてます!なんて表示にあるとおり10個程置いてありました。

何だこれは!弁当なのに書籍販売みたいな帯がついており、「やみつキッチン ヤミ厚 チャーシュー弁当」だと!

シャレが効いているような効いていないような中途半端な感じも否めないが新商品開発部の人も頑張っているんだろう。

値段も555円と語呂がいいようにして消費者がリズムよく「ゴーゴー!」と買ってくれればいいが税込みは599円と小さく書いてある。

最大の売りは当然 厚めの4枚チャチュー

マジでチャーシューの下にはご飯があるだけ。言っちゃー何だがこれは肉体労働系の男性向けなんじゃないのかねー。

しかもこれだけでは物足りないので何かを買わねば・・・。

「えーーーと。」カップ麺やね。

大砲ラーメンにこのチャーシューを乗せてみたくなった。例えるならば、買ったばかりのランドセルに教科書をたくさん入れたい新小学1年生の気分。

「よーし購入だ。」

コンビニのレジにて会計中に男性店員が私に「死にますか?どうしますか?」と訊いてきた。

「は!」何と!意味が分からない。チャーチュー弁当を買ったくらいで死の選択を問われるとは・・・。

「死にますか?どうしますか?」と繰り返し訊いてくる。(なんじゃこりゃ。新しい芸人ギャグか?普段テレビはあんまりみないのでわからんよー。)

いや。待てよ。これは・・・・。「チンしますか。(温めますか) どうしますか?」と言っているのか?

店員の名札を見るとカタカナ名。あー外国人留学生のアルバイトなのね。もうほんとにアジア人は見た目じゃわかりにくい。

そういえば店の隣のアパートは留学生歓迎とか大きな看板があるもんね。

ハイ無事購入。

融合技発動は失敗でした

帰宅していざ夕食突入。

チャーチュー弁当は開けるだけでお腹いっぱい感もあったけれど なんとか2枚を食べ、残り2枚のうちの1枚をカップ麺に投入。

大砲ラーメンにも焼き豚が付属していたが大きさや厚みが比べ物にならない。

チャーチュー融合
  • 見た目の迫力が増した。器を自宅の食器に交換すればよりいっそう店で食べるような雰囲気が味わえる。
  • もともとご飯に合うような濃いタレで味がつけてあるので豚骨スープの中にいれてもそれほどうまく融合しない。
  • タレはある程度落として入れた方がいい。
  • 総合的な評価としては食べれるが特別おいしくもない。(ひょっとしたらタレを落として入れればよかったのかもしれない。)

気のせい?

ミニストップに限らないが最近コンビニ弁当のご飯(米)が美味しくない。

少しベタついたような触感もなんだか食欲がなくなる。

稲荷寿司やレタス巻きやカレーを買った方がある程度ごまかせていいのかもしれない。

それか、私自身の体調が悪くて味覚異常がでているのかなー。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人